2種類の事後避妊薬

medicine box

女性がもしもの時に避妊目的で使うアフターピルですが、現在手に入れる事ができるアフターピルには2種類のタイプがあります。「ノルレボ」と「プラノバール」です。どちらも性行為後に服用する事で高い避妊効果を発揮するという点では共通していますが、それぞれに副作用や価格などに違いがある事を知っておきましょう。プラノバールですが、性行為の後72時間以内に服用する事で、平均すると約75パーセント程の避妊効果をもたらします。基本的にアフターピルというのは、服用のタイミングが性行為から早ければ早いほど効果が高くなるという事を覚えておくと良いでしょう。プラノバールは一度に2錠服用し、さらに12時間後にも2錠服用しなくては、高い効果を発揮できない薬です。そのため、うっかり飲み忘れてしまう状況も多くあるので注意が必要となります。特に避妊失敗をしてしまった時というのは精神的にも動揺している状態ですので、計画的なアフターピル服用ができるよう、信頼できる家族などに支えてもらう事が望ましいです。副作用も嘔吐や頭痛といった症状があり、もう一方のノルレボよりも強いというデメリットがあります。ですがプラノバールは、保険適用外ではあるものの、ノルレボよりも格段に費用が安いというのがポイントです。副作用を考慮すると常用などはできませんが、比較的購入しやすいというのがプラノバールのメリットだと覚えておきましょう。できる限り信頼の持てる医師による指導の元、安全に用法用量を守ってプラノバールなどアフターピルを利用するようにしてください。